頭皮の色は青白い色 、健康的に白い場合は正常な状態です。血行の良い頭皮は、他の部分の皮膚とは違い、青白い色をしています。 赤色、肌色、オレンジ色、ピンク、薄茶色 は要注意!頭皮が酸欠状態かもしれません。 うっ血している可能性もありますし、皮膚化か進んでいる可能性があります。 頭皮の色が薄茶色の場合は、頭髪がハゲてしまう環境が整っているとでもいいましょうか、 地球環境にたとえると森林であった場所が水分が無くなり砂漠化していると例えることができます。
ハゲてしまうことに関して、男性の場合親から遺伝するとよくいわれます。 薄毛や脱毛の父親を見て自分の頭髪の将来を悲観してしまう人もあるでしょう。 ですがそれは大きな誤解で。脱毛してしまうという情報そのものが遺伝するのではないのです。
親から子供に受け継がれるのは、男性ホルモンが優位、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるなどの、 薄毛や脱毛症になりやすい体や頭皮の環境です。脱毛は親から子供に受け継がれたその体質であるのにもかかわらず、 食生活が粗悪だったり、ヘアケアの習慣が身についていない、不規則な生活リズムなどで髪の健康が維持できないなど、 育毛どころか髪が弱り脱毛しやすい生活習慣を継続して繰り返した結果なのです。