日本人の糖尿病患者のほとんどは、生活習慣が原因で発症していますから、病院では食事療法や運動療法などを含め、様々な生活改善を求められます。それと同時に、進行状態によっては薬物療法も行われることになります。では、薬物療法はどんな風に行われるのでしょうか。糖尿病の薬物療法は、大きく分けて二種類あります。その一つは飲み薬、いわゆる内服薬です。そして、もう一つはインスリン注射です。インスリン注射は、基本的にインスリンの分泌がない体質の1型糖尿病患者に行われる療法で、膵臓でインスリンを製造できない人の薬です。まれに、2型糖尿病でも膵臓を休ませて機能を高めるため、一時的にインスリン注射を行うという治療法がないわけではありません。でも、一般的には2型糖尿病患者には血糖値を下げる内服薬が処方されます。内服薬にもいくつかの種類があり、症状によって使い分けられます。昨今では、子どもでもみられるという糖尿病は、進行すると様々な生命にかかわる合併症を引き起こす怖い病気です。ですから、糖尿病はできる限り未然に防ぐ必要があります。そのためには、糖尿病の原因を知り、その要因を取り除くことが重要となってきます。糖尿病とは、血液中を流れるブドウ糖の量が多い状態、つまり、血糖値が高い状態が常時続いている状態です。一般的な血糖値は、食後一気に上昇し、その後は糖分が分解されてエネルギーに代謝されるため、徐々に血糖値が下がるのが普通ですが、糖尿病の場合には血糖値が高い状態が継続します。その原因は、ブドウ糖を体内で分解するインスリンにあるのです。インスリンが元々ほとんど分解されない体質であったり、病気など何らかの事情によりインスリンの分泌量が低下していたり、インスリンが分泌されてもインスリンの機能が低下していて正常に糖分を分解しきれなかったりといった理由で、体内に吸収した食物のブドウ糖を分解しきれず、血液中に糖分が余ってしまう状態になります。糖尿病にも遺伝的要因が大きく絡んでおり、糖尿病になりやすい体質の方がいるのも事実です。ですが、遺伝的要素だけで糖尿病になる方はほとんどおらず、後天的要因によって糖尿病を発症する方が糖尿病患者の大半を占めています。暴飲暴食によって糖分を分解しきれなかったり、運動不足やストレスで肥満になったりといった生活習慣が大きく関わっている病気なのです。日本人の糖尿病患者のほとんどは、生活習慣が原因で発症しているタイプの糖尿病です。その割合は、何と糖尿病患者全体の95%とも言われています。このタイプの糖尿病では、自覚症状があまりないため、気づきにくいというのが特徴です。大きな自覚症状が出たときには、既にかなり進行していたり、生命の危険がある合併症を発症しているケースも少なくありません。ですが、全く何も症状がないというわけではありませんから、小さな変化でも見逃さずに糖尿病を疑い、健康診断を受けることをオススメします。