妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は女性が行うものだと考える方も居ますよね。ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の処方を受けると、二周期ほどで妊娠できました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。もっと早く来たかったですね。
「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。その理由は、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を心掛けることをお勧めします。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。
とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、しばらく経ってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活を始めました。身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動で体の調子を整えることにしました。運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温を上げることができ、冷え性が改善したんです。なかなか妊娠できないという人は、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。
基礎体温表をつけていくとその変化で、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないというルールもあるので、それに従って毎日続けるのが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。