脱毛するには、脱毛マシーンを最高の性能で稼働させなければ効果が半減してしまいます。そのためには、脱毛部位を脱毛の施術前後に保湿をしておきますと、最高の性能で脱毛ができます。肌の水分量を上げて毛根に熱エネルギーを与えやすくするためで、脱毛後は肌の炎症を抑える意味を持っています。どちらも重要で、肌トラブルを防ぐために繋がります。
特に脱毛後は肌が乾燥しやすく、いつもより重点的なケアが必要です。肌の水分量が少ないと肌のバリアが衰えて、雑菌が入り込んだり炎症を起こしやすくなるのです。例えるならアトピー肌みたいに刺激に弱くなっているということなのです。
最近は、冷たいから嫌だというようなことから、保湿ジェルを使用する脱毛サロンが少なくなりましたが、脱毛サロンで付けてくれるジェルには、クールダウンの目的も持っています。ジェルは肌に付けるとヒヤッとした感触があって、熱を素早く奪います。処理後は肌に熱が蓄積しやすく、冷めにくいと炎症が治まりにくいのです。肌を直接冷やすのも効果的ですが、ジェルなら保湿と冷却の両方が行なえます。自分でケアする際にも、ヒアルロン酸がたっぷり入ったジェルを用意するのも良いでしょう。